福祉型専攻科(学びの作業所)
一般社団法人 にじいろ福祉会
            011-598-8514
    開所時間 8:30~16:30        
 
 

定期公演の様子

定期公演2019

2019.12.27     札幌市こどもの劇場やまびこ座

 
「おぉーい! ともだち!!」
 
あらすじ
ケンケン山に住む子ぎつね「コンコ」、ポンポコ山に住む子だぬき「ポンタ」。友だちが欲しい2人、ある日コンコとポンタはお互いに谷をはさんで出会い、すっかり仲良しになります。ところが、敵同士の両親に大反対され、一緒に遊ぶことができません。そんなとき嵐をきっかけに離れた谷が倒木で結ばれ、出会います。
コンコがポンタに、ポンタがコンコになり、やがてポンタとコンコの優しさが両方の親の架け橋となります。
 
 
キャスト
 スズメ1 田中 大貴     コロス1 秋山 僚太
  〃 2 小野 舞子      〃 2 山本茉莉香
  〃 3 前田 玲弥      〃 3 武田 啓
 ポンタ  中島 蒼太      〃 4 竹田 圭佑
  〃 父 池田 啓哉      〃 5 上戸 龍一
  〃 母 海渕 友絵      〃 6 中野 陽
 ポン一郎 安齊 遙花      〃 7 平山まいの
 〃 二郎 小野寺建人     大道具  小野寺郁音
 〃 三郎 髙道あずさ      〃   杉本 直輝
 コンコ   泉 晴菜
  〃 父 松倉 響
  〃 母 藤川 暉
 
 撮影 豆塚 猛 

 

 

    


 
 

定期公演2020

2020.12.26      札幌市こどもの劇場やまびこ座

 
コロナ禍のため無観客でVTR収録を行いました。
 
「外郎売りの台詞」
 
あらすじ
 約300年前の歌舞伎で二代目市川團十郎が初演したことに始まります。現在は俳優やアナウンサーなどの滑舌の練習に使われています。劇団HASCAPでも普段の練習で使用していました。今年は全体練習が密になるために行うことができず、「外郎売りの台詞」を群読劇としてパートに分けて練習し、撮影することにしました。
 「拙者親方と申すは、お立ち合いにも先達てご存じのお方もござりましょ。お江戸を立って二十里上方、相州小田原一色町を御過ぎなされて、青物町を登りへお出でなさるれば、欄干橋虎屋籐右衛門、唯今は剃髪いたして円斎竹しげと名乗りまする。」から始まります。
 
脚本・演出  金田一 仁志